スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの24時間走世界大会


24時間走世界大会のポスター
ポスター

小雨が降る中、ステーンベルゲンの美しい街並みを見渡しました。
2.3kmのコース上には、花や緑で彩られた家々が立ち並んでいます。
レンガ道と多くのカーブがある難コースでしたが、アップダウンがないことと、美しい景色の中を走れることは幸いでした。


昼12時にスタート。
雨で体を冷やすのが嫌だったので、ビニール袋をかぶって出走しました。
が、一時間もしないうちに雨が止み、気温も上がってきたので、すぐさまエイドに預けることとなりました。


順調に周回を重ねていく間、楢木さんとミッキー、遅れて真実さんの名前がアナウンスされ続けていました。
どうやら、楢木さんとミッキーが男女ともに1位をキープ、真実さんが女子の3位に位置していたようで、一周するたびに上位選手の名前が放送で流されていたのです。
同じ日本選手として、とても嬉しかったし、力強く励ましてもらっているようにも感じることができました。


この早い段階で、自分は「日本の男女ともに金メダル」を信じて疑うことがありませんでした。
皆のおかげで私も金メダリストの一員に!
日本人選手の中で一番力がなく、最も苦しい顔で走っていながら、なんという楽観的思考なのでしょう。

ところが、ものの数時間で、この楽観さにも陰りが見え始めます。
止んだと思っていた雨がまた降り始め、気温も急激に冷え込んでいったのです。
風が強いためか、実際の気温以上に体感温度が低くなり、自分のようなスピードのないランナーにとっては致命的になりました。


走れども走れども体が温まりません。
寒さのため走れなくもなってきました。


夜の8時頃から膀胱炎の症状と痛みがひどくなり始めました。
深夜12時頃、大雨がひょうに変わったレース最大の正念場で、ついに体が動かなくなり、エイドに入り込んでしまいました。


この間にも、他の日本選手は、濡れた衣服を着替えて防寒着を切込んだり、食事を摂ったりしながら、淡々と走り続けています。
私は意識が朦朧としながらも、皆の凄さに改めて驚かされ、自分との格の違いを実感させられていました。


同じく低体温症になり、エイドで休んでいたあきさんに指摘され、自分の唇がひどく紫色になっていることに、このとき初めて気付きました。
着替え終わったあとも体の震えが収まりません。
「男女ともに金メダル」
このときばかりはもう、こういった希望的観測を考えれる余裕が自分にはなくなっていました。
皆が何事もなく走りきることをただただ祈りながら、自分は救護室に行くことだけを考えていました。


4、5時間、救護室で休んだあと、コース上に戻りましたが、下腹部の痛みに耐えきれず…。
試みは不発となって終わりました。
このとき、ずっとトップを走っていたミッキーが低体温症のため同じくレースをストップすることとなり、一緒に救護室に向かうことになりました。


救護室でミッキーがおいおい泣くのを見て、私も一緒に泣いてしまいました。
神宮の初めての24時間走で、いきなり243kmを走り、アジア記録を樹立したミッキーは、今大会、真実さんと並ぶ注目選手でした。
世界各国の記者から写真を求められるほど、それはそれは期待されていたのです。
レースに「たられば」は禁物ですが、ミッキーに関しては、あの雨やひょうがなくて低体温症になっていなければ…と悔やまれてなりません。
どれほど無念だったことでしょう。


でも、最初からずっとトップを走り続けたこと。
初めての世界大会で果敢に攻め続けたこと。
ミッキーの実力は雄渾に発揮されたと思います。
これに懲りずに、また世界を目指して頑張ってください。
ミッキーなら絶対できます。



真実さんとミッキー
真実さんとミッキー


私とミッキーはレースが終わるまで救護室にいたのですが、他の日本選手は皆全員、コースを走り続けていました。
最後の2時間、日本の男子選手は皆でラストスパートをかけたそうです。
その場にいたら、今度は胸が熱くなって、感動で泣いてしまったかもしれません。


結果、楢木さん、小谷君、安孫子さんの合計記録で男子が銀メダル。
真実さん、さゆりちゃん、白川さんの合計で女子も銀メダル。


皆が皆、最後の最後まで頑張りました。
雨やひょうの中を黙々と走り続け、真実さんにいたっては、あの悪天候の中での世界記録樹立なのです。
もうすごすぎて何と言えばよいのか。


そして、もう一人、絶対に忘れてならないのがあきさんです。
私と同じく低体温症で苦しんだあきさんですが、エマージャンシーブランケットを羽織りながら、最後までコース上にいました。
日本帰国後、腎臓結石が見つかったそうです。
オランダに到着してからずっと体調が悪かったあきさんは、そんな腎臓結石の状態でレースに出て、痛みと闘いながら最後まで走り続けました。
あきさん、お疲れさまでした。


このチームで走らせてもらえたことに本当に感謝しています。


ステーンベルゲンの地元の子どもだち
地元の子どもたち


私が今なお正面に据えているのは、やはり24時間走での自己ベスト達成という夢想です。
フルマラソンでも100kmでもなく、なぜこれほどまでにこの競技にこだわり続けるのか?
それはやはり、不屈の精神を持つ人々に感銘させられたからに他なりません。


24時間走というのは、同じコースを延々走り続ける競技です。
嫌でも他の選手の姿が何度も何度も目に入り込んできます。
私などは24時間のうち、散漫な思いに取りつかれる時間が多々ありますが、強い選手というのは最後まで気持ちを切らせることがありません。
苦しい中にあっても、マシーンのように走り続けることができるのです。


今回の日本代表メンバーの中では、自分はまだひよっこもひよっこで、皆の足元にも及ばない存在ですが、遠くない未来、また代表になれることを信じて、これからも頑張りたいと思います。
今回の経験で、私の生き方もまた一段と鍛えられたようなかんじがします。
皆さん、本当にありがとうございました。



空港のチューリップ
チューリップ


最後に、チームの皆さん一人一人をご紹介しながら、お礼を述べながら、終わりにしたいと思います。


井上監督何から何までありがとうございました。
神宮から出直しますので、またよろしくお願いします。


エイドの沖山さんコーチさんまゆまゆさん小川君ありがとうございました。
サポートなくして24時間走という競技はできません。
皆さんのおかげで競技に参加することができました。
私もいつかエイドスタッフとして参加させてもらいたいです。
そのときは何でもお任せください。


日浦先生
雨風に苦しみながらも230kmオーバー。
50代にして日本代表になられたすごい方です。
「走れないと思ったときでも、脳の切り替え方、考え方次第で、また走れるようになる」
という先生のお言葉をよく思い出しています。
ベッドから落ちた時は診察していただきありがとうございました。


MASAさん
MASAさんもついこの間、50歳になられたそうです。
今回は肉離れのため記録からは外れる結果となりましたが、最初から最後までコース上にいて、皆にエールを送り続けました。
誰もが認める日本のキャプテン。
これからも皆を引っ張っていってください。


安孫子さん
安孫子さんというと、マツタケ君とデッドヒートした2012年のさくら道が印象的です。
熱い男と思いきや、とても落ち着いていて穏やかな方でした。
かわいい奥様がオランダまで来られていて、私も応援してもらうことができました。
ありがとうございました。


楢木さん
以前、書きましたが、楢木さんと私は全く同じ生年月日です。
不思議な嬉しい巡り合わせに感謝しています。
楢木さん、これからもどんどん上を目指してくださいね。
私はそんな楢木さんと同じ生年月日で、一緒に世界大会に行けたことを、これから先一生自慢します。


古北君
脚の痛みで苦しんだレースになり、思うような結果を残せなかったと思いますが、まだまだチャンスはいくらでもあります。
台湾・東呉の選出間違いなし!
私も裏で手を回せたら回したいです。
井上監督よろしくお願いします。


小谷君
若くてとってもスマートな小谷君はこれからとてつもなく凄い選手になるでしょう。
小川君との最強コンビで世界制覇を目指してください。
今から10年走ってもまだ30代ですから末恐ろしいですね。
またトレーニング理論についていろいろ教えてください。


真実さん
女子ロードの世界記録おめでとうございます!!
HPのお写真はどれもこれも笑顔の真実さんで溢れていました。
走っているときも美しい。
天は二物も三物も与えてしまうのですね。
神様、私にも何でもいいからお与えください。


白川さん
初めて神宮を走ったとき、「ちゃんと一定のペースで走られていますね。」と、途中、見ず知らずの私に声をかけてくれたのが白川さんでした。
そのときの印象と全く変わらない方で、オランダでも、いつも皆を気遣ってくれる優しいお母さんのような方でした。
女子キャプテン、お疲れさまでした&ありがとうございました。
また一緒に走れる日を夢見ています。


あきさん
腎臓結石が見つかったと聞いたときはビックリしましたが、それ以上に驚かされたのは、よくその状態であれだけ走れたということです。
あの悪天候の中、体調不良をおして最後まで走り抜いたあきさん。
あきさんの不屈の精神には皆脱帽です。
お体がよくなったらまた一緒に走りましょう。


さゆりちゃん
目まぐるしく変わる天候の中、非常に冷静に、淡々と走っていた姿が印象的です。
途中、ペースが落ちたと話されていましたが、後半の強さには誰もが目を見張るものがありました。
さくら道を一緒に走ったこともあるさゆりちゃんですが、どんどん遠い存在になってしまいました。
今や24時間走のエースです。
さゆりちゃんのますますの活躍を期待しています。


ミッキー
今回は悔しい結果になりましたが、ミッキーはこれからいくらでも上が目指せる選手です。
真実さんとともに、どうか日本の24時間走を引っ張っていってください。
切磋琢磨で、お互い、記録を塗り替え合う日も近いのでは!?
一ファンとして、応援しています。



オランダの若きホープと
記念撮影


さゆりちゃんと一緒にクーロスを囲んで
クーロスを囲んで


最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。
24時間走世界大会の記事はようやくこれにて終了です。



にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

IAU24時間走HPより

オランダの世界大会が終わって、今日でちょうど一ヶ月が経ちます。

この一ヶ月間、右足首捻挫のため全く走れず、病院通いと主婦業だけに追われる毎日。

とても幸せなのですが、どこか異次元の世界に長逗留しているようでもありました。



スタート
スタート


(手前から)日浦先生、小谷君、真実さん
日浦先生、小谷君、真実さん


白川さん
白川さん


あきさん
あきさん


日浦先生
日浦さん


楢木さん、ミッキー
楢木さん、ミッキー


(手前から)日浦先生、安孫子さん、小谷君
日浦さん、小谷君、安孫子さん


小谷君
小谷君


古北君
古北君


さゆりちゃん
真実さん



私


真実さん
真実さん


MASAさん
MASAさん


楢木さん
楢木さん


安孫子さん
安孫子さん


あきさん
あきさん


古北君
古北君


さゆりちゃん
さゆりちゃん


まゆまゆさん、コーチさん、小川君
まゆまゆさん、コーチさん、小川君


沖山さん
沖山さん

大会HPよりお写真をいただきました。

レース当日の記事はもう少し推敲してからUPしたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

レース前の記念撮影

レース直前の写真もアップしておきます。

「男女ともに金メダル!!」の気合十分で、皆、一致団結していました。

これだけ皆がまとまれたのは、キャプテンのMASAさんの力も大きかったと思います。

MASAさんとは、オランダで初めてお話させてもらったのですが、包容力のあるとても優しい方でした。

MASAさん、ありがとうございました。



~レース前日に~
皆で記念撮影
JAPAN公式ウエアで記念撮影


~レース当日のバスの中で~
皆、リラックスしていました。
私も、朝までぐっすり眠れて気分爽快でした。

ミッキーとさゆりちゃん
ミッキーとさゆりちゃん


あきさんと私
あきさんと私


~レース会場にて~
各国のエイド
エイド


大変お世話になった井上監督
井上監督


(左から)ミッキー、ロン・ブーさんこと古北君、MASAさん、楢木さん
ロンブーさん


白川さん
白川さん


日浦先生
日浦Dr.


小川君と小谷君
小川君と小谷君


コーチさんとさゆりちゃん
コーチさんとさゆりちゃん


沖山さん
沖山さん


スタート直前に
古北君、私、あきさん、小川君、さゆりちゃん、日浦先生
スタート前に

安孫子さんと真実さんの姿がなくてすみません。

次回はようやく、レースを詳細レポートしたいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

オランダでの食事

JUAのHPで神宮外苑24時間チャレンジの募集要項が出ました。
↓             ↓
神宮外苑24時間チャレンジ

この神宮神宮外苑24時間チャレンジに出場したのが去年の10月です。
早いものであれからもう8ヶ月も経つのですね。
この24時間走に出場したからこそ、日本代表になることができました。

世界大会の様子を、これから代表を目指す皆さんのためになるよう詳細に書きたいと思っているのですが、忙しさにかまけて、なかなか更新できずにいました。
だいぶ遅れてしまっていますが、それでも最後まで書きたいと思っているので、もうしばらくお付き合いください。


~選手村の食堂にて~
食堂で


朝食
朝食


昼食
ランチ

朝食も昼食もほぼ毎日、同じものを食べました。
朝食と昼食が違った点と言えば、朝はコーヒーが付き、昼はスープが付くことくらいでしょうか。
夜はパスタを食べることができたのでよかったです。
選手村で安く泊まれるのだから、これで十分だと思いました。


レース後の夕食
ポテトとポーク
ビールとワインが飲み放題でした。
ポテトとポークが美味しくて、食べれないミッキーの分までもらって食べてしまいました。


~アムステルダムのスキポール空港にて~

古北君のお食事
ランチ


小谷君が頼んだピザ
ランチ


私が頼んだランチ
小さなボトルワインが9ユーロくらい。
7ユーロくらいの小皿が3皿で21ユーロくらい。
合計30ユーロ=約4000円のお食事でした。
ランチ
選手村とレース会場メインのスケジュールだったため、お土産以外にお金を使うところもなく…
最後の空港では奮発しました。
とても美味しかったです。

ちなみに今回の5泊7日のレース費用の内訳は、
宿泊費(ビジネスホテル1泊と選手村4泊・食事代込み)3万円
交通費(飛行機代・電車代)13万円
その他(お土産代・飲食代など)5万円
合計 約21万円でした。


来年の世界大会がどこの国で開催されるのかまだ決まっていませんが、アジア以外ならだいたいこのくらいになるのだと思います。
ご参考までに。

今回は食事の写真だけで終わってしまいました。
次回はまたまたレースについて書きたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

世界大会前日の開会式にて

レース前日の5月10日(金)は開会式でした。


ステーンベルゲンの教会をバックにして記念撮影
<楢木さんが撮影してくれました>
記念撮影


拡大版
(左から)安孫子さん、さゆりちゃん、白川さん、ミッキー、古北君、まゆまゆさん、MASAさん、小谷君、あきさん、日浦先生、真実さん、私
日本代表チーム


女子だけで記念撮影
(左から)白川さん、私、あきさん、真実さん、ミッキー、さゆりちゃん、まゆまゆさん
記念撮影


10th IAU 24H WORLD CHAMPIONSHIPS
看板


地元の楽団の皆さん
吹奏楽


参加30数か国、全ての行進がありました。
地元の小学生が各国のプラカードを持って一緒に歩いてくれました。
沿道の応援が多く、家の窓から手を振ってくれる人たちもたくさんいて、とても楽しめました。


日本選手団
旗手は古北君でした。
日本選手団


スペイン
スペイン


スウェーデン
スウェーデン


ウルトラマラソン界では知らない人はいないであろう沖山さんと世界の真実さんです。
沖山さんと真実さん


楢木さんとミッキーこと坂根さん
楢木さんとミッキー

写真左側の楢木さんは、私と同じ197●年8月10日生まれ!
生まれてこの方、全く同じ生年月日の人に出会ったのは初めてです。
同じ日に生まれ、ともに日本代表になり、世界大会に行けたなんて!
すごい確率だと思いませんか?

そして、右側の坂根さんは、言わずと知れた丹後100㎞ウルトラマラソン7連覇中の女王です。
私の初ウルトラは2007年の丹後100㎞だったのですが、驚異的な速さで走る坂根さんという人をそのとき初めて知りました。
世の中には凄い人がいるものなのだなあと心底驚嘆したのを、昨日のことのように覚えています。
あれから6年越しで、ついにお会いすることができました。

いやぁ、人生は素晴らしい。


こんなかんじでチームの皆さんの紹介もしていきたいと思っています。
レースで貢献できなかったので、広報担当で頑張ります。
オランダ世界大会、まだまだ続きます。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

金メダル銀メダルおめでとう!!

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
何度言っても言い足りません。


↓クリックすると見れます↓
レース前のセレモニーで表彰された真実さん(11分あたりから)
Steenbergen 24Hour 2013 Pre-race Conf

工藤真実さん
真実さん

↓クリックすると見れます↓
~閉会式にて~
個人・工藤真実さん金メダル(3分52秒~)
団体・日本女子銀メダル(17分39秒~)
団体・日本男子銀メダル(27分40秒~)
工藤真実さんに1000ユーロの賞金(1時間4分35秒~)↓
Steenbergen 24 Hour 2013 Award Ceremonny


女子表彰式
オランダ表彰台
※コーチさんのブログからお写真をいただきました。


男子表彰式
男子表彰式 



男子
1Jon OlsenUSAM35269,675
2John DennisUSAMSR262,734
3Florian ReusGERMSR259,939
4Anatoly KruglicovRUSM55257,040
5Timur PonomarevRUSMSR256,666
6Toshiro Naraki JPNM35 255,940
7Shuhei Odani JPNMSR 250,327
8Patrick HöslGERM35249,320
9Joe FejesUSAM45248,143
10Ryo Abiko JPNM35 246,300


女子
1Mami Kudo JPN V45 252,205
2Sabrina LittleUSAVSR244,669
3Suzanna BonUSAV45236,228
4Traci FalboUSAV40229,702
5Anne-Marie VernetFRAV45229,393
6Sayuri OkaJPN V40 228,907
7Cécile NissenFRAV40227,618
8Sharon LawGBRV35226,107
9Heike BergmannGERV50224,932
10Wilma DierxNEDV45224,664
11Kiyoko Shirakawa JPNV45224,471


=団体戦は上位3名の記録を合計して戦います。=
男子団体戦
1 アメリカ 780,552
2 日本   752,567
3 ドイツ  752,007

女子団体戦
1 アメリカ 710,599
2 日本   705,582
3 フランス 670,698


銀メダルとJAPANウエア
銀メダルとJAPANウエア


金メダルと銀メダルの両方をかけた真実さんとそれを撮影するまゆまゆさん
真実さんとまゆまゆさん

工藤真実さんが252.205kmのロードの女子世界記録で金メダル!!

日本は男女ともに銀メダル!!

私も日本チームの一員として、銀メダルをもらうことができました。

日本代表として走らせてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

井上監督、エイドスタッフの沖山さん、コーチさん、まゆまゆさん、小川君、一緒に走らせてもらった日浦さん、本田さん、安孫子さん、古北君、小谷君、真実さん、白川さん、あきさん、さゆりちゃん、ミッキー、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

この日のことを一生忘れません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

プロフィール

★マア★

Author:★マア★
マラソンをやっていましたが、出産・育児のため、まだまだお休み中です。
のんびり暮らしています。

カテゴリ
USJ (4)
花 (7)
寺 (4)
アクセスカウンター
ブログ村

にほんブログ村  ランキングに参加していますので、よろしかったらポチっと押してやってくださいね。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。