スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳100マイルの反省

11月2日(金) レース前日の受付会場にて

左から私、ライドさん、M沼さん、Y田さん 
ライドさん、M沼さん、Y田さん

UTMBを完走しているM沼さんとY田さんのお話を聞き、「八ヶ岳でポイントを貯めてモンブランにエントリーするぞ~!!」と意気込んでいました。


前日の夜は、信州そば定食を食べ、カーボローディングもバッチリ!
信州そば


食料もこれだけ用意したので、絶対完走できると確信していました。
食料

しかし、「絶対」なんてことはないのです。


75㎞を過ぎたあたりから、外は氷点下。
あまりの寒さで意識が朦朧としてきて、脚が動かなくなってしまいました。
80km地点で完全にダメだと気づき、リタイアすることに。



72㎞地点のエイド
ここを過ぎたあたりから、一気に日が落ちて真っ暗になりました。
エイド


軽装備だったうえに、風を通してしまう軍手のような手袋しか持っていなかったため、指先から冷えきってしまったのです。

ライトの電池も不足していて、何も見えない暗闇で身動きがとれない状況にありました。

途中で出会ったU原さんに、ウインドブレーカーのズボンを借り、偶然出会った3人組のランナーさんたちには、余っていた毛糸の帽子とカイロをもらい、手をくるんでもらいました。

サバイバルブランケットがあれば、それにくるまって救護車を待つ手段もあったのですが、持ってきていなかったため、それさえもできず、次のエイドに向かって歩くしかありませんでした。



ウインドブレーカーのズボンを快く貸してくれたU原さん
ありがとうございました!!
U原さん



3人組のランナーさんたちが心配して、一緒に下山してくれました。
軽装備、準備不足だった私は、このランナーさんたちにとても怒られました。

ロードのマラソン大会ではない。
山では、万が一を想定して準備しておかねばならないのだと。


途中、運よく救護車が通り、倒れる寸前の85㎞地点で何とか拾ってもらえたのでした。
朝5時のスタートから16時間後、21時の出来事でした。



リタイア後、仮眠所でもらったお味噌汁
=間違いなく、今年一番のごちそうでした=
お味噌汁



=八ヶ岳スーパートレイル100マイルレースの反省点=

自分が必要とする装備品が最初から明らかに足りませんでした。


<足りなかったもの>
★防寒着
★風を通さない手袋
★ライトの予備電池
★サバイバルブランケット(エマージャンシーブランケット)
★ホイッスル
★熊鈴
★携帯電話
★行程表・計画表



160㎞もの長い道のりですから、ある程度計画を立てるということも必要です。
きのっぴさんが作った表


↑ 上記の表を作った、きのっぴさんです。
野辺山のJR鉄道最高地点の休憩所でお会いし、この表をいただきました。
きのっぴさん



寒さや暗さ対策は何も考えていなかった私ですが、テーピングと湿布だけは用意していました。
「走れなくなる=足が痛くなる」ことだと思い込んでいたようです。
テーピングと湿布


義務付けられてはいませんでしたが「ストック」も必要でした。
「あるのとないのとでは全然違う」と、途中、多くのランナーさんたちから教えてもらいました。
山の経験が足りない自分には必要な物であったと思います。



23時間半、総合20位のライドさん
ライドさん
※ちなみに、ライドさんの左側に写っている男性はコーチさんです。
コーチさん、応援してもらったのに完走できずすみません。


装備以外ではズバリ「山練習」が足りませんでした。

レース2週間前に恵那山が1度だけの練習では話になりません。

ライドさんはレース2週間前までに4週連続で50㎞くらいの恵那山練習をこなしたそうです。

そうやって、山のアップダウンに耐えうる脚を作ったとのことでした。

実際、八ヶ岳160㎞の後半になっても、普通に走れるくらい脚が残っていたそうです。

ライドさん、アッパレでした。

ライドさんを見習ってこれからも頑張ります。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : トレイルラン
ジャンル : スポーツ

白馬国際トレイルランの賞品


白馬国際トレイルランの賞品が届きました。


デサント



デサントのGENOME 3/4タイツ(11550円)
とっても嬉しいです。
3/4タイツ

着用した感想をデサントさんに送らなければなりません。

地面を蹴るときにかなりのサポート力を感じました。

早く書かなくては。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

白馬国際トレイルラン レース編

9月16日(日)、ついに「白馬国際トレイルラン」レース当日です。


スタート地点 
スタート地点


スタート数分前になえさんと。
なえさんと

朝7時、ついにスタートしました。

ロングコース約50km(実際は52km~54kmあったとのことです)

制限時間10時間

八方~八方尾根~松川~岩岳~楠川~おかるの穴~落倉~塩島~姫川~大出~木こりの道~グリーンスポーツセンター~大楢川~八方



7時10分 ジャンプ台と熱気球が現れてオォーっと興奮しました。
ジャンプ台と熱気球


7時25分 スタート早々にこの上りです。
この先大丈夫なのでしょうか!?
いきなりこれは(驚)


9時35分 間瀬ちがやさんと
後ろからゆっくりやってきたのに、あっという間に見えなくなってしまいました。
間瀬さんは歩くスピードも格段に速かったです。
間瀬ちがやさんと


9時40分 岩岳山頂近くで
こんなところまで登ってきたのだなあと自分で感心してしまいました。
絶景


9時45分 岩岳山頂第3エイド
ここがコースの最高地点で標高1289mでした。
わずか17.6kmで2時間45分もかかっています。
岩岳山頂第3エイド


レッドブルが大量に置いてあってビックリしました。
レッドブル

この第3エイドを最後に、ゴール近くのVIEW POINTまで全く写真を撮っていません。
上りは全部歩いている状態なので、いくらでも撮影できそうなものなのですが、カメラを取り出す気力がなかったのです。


段々脚が上がらなくなってきて、スタミナ自体がなくなってきているのが分かりました。
体力の限界が刻々と近づいているような、そんなかんじでした。


八方尾根、岩岳、東山の3つが難所で、標高の一番のピークは岩岳だったのですが、私は最後の東山が一番辛かったです。
最後の最後でこの上りはないよなあと泣きそうになりました。
何もないようなところで2度も転倒してしまいました。
脚に力が入らないため、下りも全く走れませんでした。


40km地点で、後ろから来たReiちゃんに抜かれました。
「お互い引っ張り合って頑張りましょうよ」と声をかけてくれたReiちゃん。
カッコよかったです。

が、全くついていけませんでした。
自分の実力不足が悔しいです。
これからもっともっと練習します。



13時20分(スタートから6時間20分) VIEW POINT
ゴールまで10kmもないところまで来ました。
完全に歩いてしまっています。
VIEW POINT


女子3位
7時間18分42秒



苦しかったです。
でも、それ以上に面白かったです。


15時 表彰式
隣に鏑木さんが立ってくれました。
一生の思い出です。 
表彰式


デサントさん、ありがとうございます。
賞品がタイツだなんて最高です。
3位入賞
※写真を撮ってくださった美女姉妹K甲さん&U原さん、ありがとうございました!!


この後、大阪のチームはせがわのおばさまと一緒に選手の応援をしました。
日の丸が目立ちますね!
チームはせがわのおばさま


なえさん登場
ゴール手前200mくらいの地点です。
なえさんが現れたときは本当に嬉しかったです。
なえさん登場


16時30分 
完走おめでとう!!
ゴール後、2人で地ビールで乾杯しました。
信州ナチュラルビール


白馬駅をあとに
次の日仕事だったためその日のうちに帰りましたが、次回はもう1泊して、いろいろ観光して帰りたいです。
…というわけで、来年も絶対出ます。
白馬駅をあとに


ワイドビューしなの中で
信州ワインと白馬の地酒で完走の余韻に浸りました。
信州ワインと白馬の地酒

「白馬国際トレイルラン」はとても素晴らしい大会でした。

100点中、100点をつけてもよい大会だと思います。

今年は1000人くらいの参加者でしたが、来年は2000人規模の大会にすることが決まっているようです。

大会関係者の皆さん、一緒に走った選手の皆さん、沿道で応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : トレイルラン
ジャンル : スポーツ

白馬国際トレイルラン 前夜祭編

9月15日(土)は白馬国際トレイルランの前夜祭に参加しました。


中津川9時25分発 ワイドビューしなの81号
名古屋から乗ってきたなえさんと、ここでおち合いました。
特急しなの


朝から飲んでいる背徳感を味わいながら。
お酒とおつまみ


12時 白馬駅に到着
白馬駅


本当にあの山を走るんでしょうか!?
半信半疑で撮影しました(実際はもちろん走りました)。
あの山を越える!?


受付会場に行く途中にある「白馬飯店」で昼食です。
またまた2人で乾杯しました。
白馬飯店で


受付会場に到着。
駅からは1キロくらい、まっすぐ歩いてきただけです。
受付会場


トレイルラン専用のtabiタイプソックス(3465円)が売られているブースに立ち寄ったところ…
トレイルラン専用 tabiタイプソックス


これを穿いてレースを走り、使用してみた感想を書くという条件で、無料でいただけることになりました。
inov-8(イノヴェイト)さん、ありがとうございました!!
裏はこんなかんじです


15時~ オリエンテーション
鏑木毅さん、間瀬ちがやさん、福田六花先生などのお話が2時間もありました。
白馬のコース説明から、UTMBのお話まで、盛りだくさんの内容でした。
鏑木さん、間瀬さん、六花先生


↓ 記念撮影をお願いしたら、快くOKしてもらえました!!

私、鏑木さん、なえさん
私、鏑木さん、なえさん


六花先生、私、なえさん、間瀬さん
六花先生、私、なえさん、間瀬さん
鏑木さん、六花先生、間瀬さん、ありがとうございました!!


前夜祭の和太鼓演奏は迫力がありました。
前夜祭


前夜祭でもらった缶酎ハイとうどん
酎ハイとうどん


地酒の振る舞いまであり、飲みに飲みました。
地酒の振る舞い


最後の最後に六花先生のミニライブ!
ステキな歌でした。
六花先生のミニライブ


大会関係者の皆さん、素晴らしい前夜祭をありがとうございました!!

とても楽しかったです。

次回は感動のレース編です。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

明日は人生初の富士山です


朝方までバドミントンの試合を見ました。
佐々木翔選手、中国の林丹選手に負けてしまいましたが、手に汗握るスゴイ試合でした。
感動しました。


明日は富士山頂往復マラニックに行きます。
なんと、これが生まれて初めての富士登山です。



7ℓのザックしか持っていなかったので、15ℓのものを買いました。
ザック


おんたけ100kmのときにライドさんに借りたライトがとても明るかったので、すっかり気に入ってしまい、これまた買ってしまいました。
ジェントス 閃 セン325 
ジェントス


富士山頂往復マラニック

海抜0メートルから山頂3776メートルまで、24時間以内で往復する、標高差日本一の大会です。

8月4日(土) 18:00 スタート
8月5日(日) 18:00 ゴール

コース  田子ノ浦港(白灯台前) ~ 新五合目 ~ 富士山頂(剣が峰) ~新五合目 ~ 田子ノ浦港(白灯台前) 

片道55km 往復110km


完走目指して頑張ります。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

続・おんたけウルトラトレイル100km

7月14日(土)15時頃、ライドさん、コータロー君とともに中津川を車で出発しました。

ライドさんが100マイル、コータロー君と私が100kmに出ることになっていたのですが、膝の調子がよくないライドさんは急遽DNSすることに。

自分は出ないのに、コータロー君と私のために現地まで運転してくれたのでした。



17時 受付完了
受付


受付後、皆で夕飯を食べました。
コータロー君とライドさん


同じ中津川のクマちゃんとも現地で合流しました。
クマちゃん

夕飯を食べ終わったのが18時半頃、このあと24時のスタートまで、皆で仮眠することにしました。

私はライドさんが持ってきてくれたテントの中で寝かせてもらいました。

キャンプに来たみたいで楽しかったです。

テントでは4時間くらい寝ました。



23時30分 スタート会場でアッチャンを発見!
(左から)クマちゃん、コータロー君、私、アッチャン
クマちゃん、コータロー君、私、アッチャン

日付が変わった15日(日)午前0時、ついにスタートしました。
コースは大滝村国有林内を駆け抜ける100kmです。


スタート直前、雨が一時止んだので、着ていたゴアテックスの上下をゴール行きの荷物に預けてしまいました。
これが大失敗でした。
止んだと思っていた雨がまた降り出したのです。
しかも、途中からは土砂降りです。

ただでさえ、暗くて足元が見えないのに、雨が身体中にビシバシ当たるので、中間地点までで意識が朦朧としてしまいました。



50km地点で時計を見たら、ちょうど6時間30分。

一緒にさくら道を走ったライドさん、Mさんの2人ともが、去年のおんたけ100kmのタイムが12時間50分だと言っていたことを思い出し、愕然としました。

50kmで6時間30分もかかっているということは、このままイーブンで行けたとしても13時間かかることになります。

イーブンで行けるわけがない…
後半の落ち込みを考慮したら13時間30分、下手したら14時間か…と1人で落ち込みました。

14時間を超えるようであれば、来年の100マイル出場資格には届きません。

自分の走力はそっちのけで、今降っている雨が非常に恨めしくなり、こんなに大雨でなかったら、自分はもっと速く走れたはずだと言い訳を始めていました。

こうなると走る気力もありません。
すっかりやる気を失い、完全に歩き始めていました。


60km近くになって、さすがにこれはマズイと思い、少しだけ走り始めたときでした。

「いいシューズ履いていますね!」
突然、後ろから来た男性にシューズを誉められたのです。

「そのブルックスのシューズいいですね!」
と、またもやその方がニコニコしながら言いました。

聞くと、ナント、その方、ブルックスの会社の方だと言うのです。
これには本当にビックリしました。
が、なぜだか急に元気になりました。

「このまま頑張れば、14時間切れますよ。来年は100マイルに出れますよ。」

別れ際に分かったのですが、その方は100マイルの方に出場されていた選手だったのでした。

ブルックスさんありがとう!!

急に元気になって、ここからまた走り始めたのです。


65kmの第2関門に着いたときには、前が見えないくらいの大雨になっていて、もうエイドのテントから出たくない思いに駆られましたが、ブルックスさんに励ましてもらったのだから頑張るしかないと思い、また走り始めました。

そうして、70km地点の看板を見つけたときのことです。

ふと自分で気付きました。
思ったよりも体力が余っているなあ…

100kmのレースでは70kmくらいから、異常に苦しくなるのが常だったのですが、今回に限っては全然疲れがないのです。

やはり、前半歩きすぎたからなのか?
最初から抑えすぎたからなのか?

自分でもよく分かりませんでしたが、残り30km、まだまだ走れる気がして、ここからロングスパートをかけることにしました。

上り坂はやはり息が切れるので歩きも入れるのですが、下りではガンガン飛ばしました。
脚の疲れもそれほどなく、かなりの勢いで走っていたと思います。

残り10km近くになって、前を走っていたハリーさんに追いつき、予期せぬ再会を喜びました。

残り5kmになったときには、K畑さんに追いつき、またまたご挨拶することとなりました。
が、結局、最後は私のスタミナが切れて、K畑さんが先にゴールしました。



ゴール後、まだゴールしていないクマちゃんの応援のため、コータロー君と一緒にゴール付近で待機しました。
ゴール


ちょっと目を離したすきにクマちゃんはゴールしたようで、豚汁を美味しそうに食べていました。
豚汁


12時間56分で男女総合180位、女子総合10位、女子30代2位でした。
30代2位の成績で、ナ、ナント、表彰台に上がれることに!
嬉しかったです。
年代別表彰式


女子総合9位、年代別1位のK畑さんと
トランスヨーロッパ・フットレースに出場されるK畑さんに「頑張ってください!!」と直接伝えることができました。
貝畑さんと


参加賞のTシャツと年代別2位の銀メダルです。
Tシャツとメダル

前半の50kmが6時間30分だったのに対し、後半の50kmは6時間26分でした。
こんなこともあるんですね。

関係者の皆さん、一緒に走った選手の皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。


送ってくれたライドさん、クマちゃん、ありがとうございました。
コータロー君、初100km完走おめでとう。


P.S. トレイルシューズはこの先一生ブルックスに決めました!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

テーマ : トレイルラン
ジャンル : スポーツ

プロフィール

★マア★

Author:★マア★
マラソンをやっていましたが、出産・育児のため、まだまだお休み中です。
のんびり暮らしています。

カテゴリ
USJ (4)
花 (7)
寺 (4)
アクセスカウンター
ブログ村

にほんブログ村  ランキングに参加していますので、よろしかったらポチっと押してやってくださいね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。