スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神棚の上の「雲」


昨日は書道の検定の締切日でした。

前々から少しずつやっておけばよかったものを、締切日まで何もしていなかったために、それはそれは大変なことになりました。

楷書、行書、条幅、かな、1文字、硬筆と6種類もの検定に出品するため、作品を完成させるまでに、何時間も書き続けなければいけませんでした。


かな文字 古今和歌集 素性法師
かな文字
 こよひこむ  人にはあはじ たなばたの  ひさしきほどに  まちもこそすれ
(こよ日古無 人爾八あ者じ 多奈ば多の ひ佐志き本どに 万遅母こそ寸禮) 


一文字
一文字


※一文字は決まったお手本がないので、何を見て、どう書いてもよいことになっています。
私は、図書館でなんとなく手にした書道家の作品を参考に書いてみました。



夜、ようやく書き上げて、書道塾の先生のところに持って行きました。

先生が私が書いた「雲」の字を見て、「よく人に頼まれるのよね~。」と言いました。
その場にいた書道塾の先輩も、「自分もこの間、会社の人に頼まれたんですよ。」なんて言っています。
私は何のことやら訳が分からず「???」

よくよく聞いてみると、神棚の上の天井部分には「雲」や「天」の字を書いた紙を貼るのだそうで、先生も先輩も、この字を書いてほしいとよく人から頼まれるとのことでした。



1階に神棚を祀り、その上の2階を人が通る場所などがある場合、神棚を人が踏むことになります。
これは神様に対して大変失礼な行為にあたります。
そこで、神棚の上に「雲」や「天」の字を貼り付けて、『この上には何もありません』ということにするのだそうです。


転じて、この「雲」や「天」の字を書いた紙は、邪気、悪霊を寄せ付けないための護符になるのだそうです。
「神棚がなくても、額縁に入れて家に飾っておけばいいよ。」と先生が教えてくれました。



出雲大社 八雲之図
八雲之図


出雲大社の社殿の天井に雲の絵が描いてあるのにも(諸説いろいろあるそうですが)、こういった意味があるのだそうです。

大変だったけれど、とても勉強になった一日でした。


Thank you!!
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 書道
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

★マア★

Author:★マア★
マラソンをやっていましたが、出産・育児のため、まだまだお休み中です。
のんびり暮らしています。

カテゴリ
USJ (4)
花 (7)
寺 (4)
アクセスカウンター
ブログ村

にほんブログ村  ランキングに参加していますので、よろしかったらポチっと押してやってくださいね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。