スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「キリング・フィールド」



1984年のイギリス映画「キリング・フィールド」を見ました。

アカデミー賞3部門の他、数々の映画賞に輝いた傑作です。


キリング・フィールド


1970年代半ば、内線に揺らぐカンボジア。

市街で繰り広げられるテロ行為、クメール・ルージュ(カンボジア共産党)の恐怖政治・・・・・

そんな中、ニューヨーク・タイムズの特派員シャンバーグと現地人助手のプランは生命の危機にさらされ、生き別れに。


キリング・フィールド


苦難の中でも決して失われることのなかった主人公たちの熱き友情が描かれています。

実話を基にして作られたこの映画は世界中で大きな感動を呼びました。


キリング・フィールド


この映画には賛否両論あり、朝日新聞元記者、現ジャーナリストの本多勝一はこの映画について、

①カンボジア大虐殺の背景や全体状況がまったく描かれていないため、観客にカンボジア情勢を誤解させるような曖昧な表現が多いこと

②シャンバーグが他のカンボジア人の救出に尽力せず、プランの救出のみを考えており差別的であること

などを挙げて批判しています。

「この映画に感動するのはカンボジア情勢に無知な人々だ」とも言っています。




もちろんのことながら、無知な私は非常に感動しました。

最後、ジョン・レノンのイマジンが流れてきたときには涙が出ました。

私のような無知な人々にカンボジア大虐殺の歴史を知らせ、考える機会を与えたこと。

少なくとも私は、この映画を見てから、ポルポト時代について、クメール・ルージュについて、最低限の知識を得ようと自分なりに調べました。

私的には大絶賛の映画です。




明日からベトナム―カンボジア旅行に行ってきます。

この目で直にその歴史を確かめてきたいと思います。


Thank you!!
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

★マア★

Author:★マア★
マラソンをやっていましたが、出産・育児のため、まだまだお休み中です。
のんびり暮らしています。

カテゴリ
USJ (4)
花 (7)
寺 (4)
アクセスカウンター
ブログ村

にほんブログ村  ランキングに参加していますので、よろしかったらポチっと押してやってくださいね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。