スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワット・プノン


小高い丘の上にあるワット・プノン(=丘の寺)は、市内で最も歴史ある寺のひとつです。


ワット・プノン


ナーガ(NAGA)
蛇(ナーガ)はヒンドゥー圏のアジアでは全時代を通じて礼拝され、泉や井戸、池に貯えられる生命エネルギーの保持者であると信じられてきました。
彼らは繁栄と豊穣をもたらし、病を癒し、そして望みを叶えてくれるといわれています。
また、田畑の守護神として、経済的な繁栄にとっても欠かせない大切な農業神でもあります。
ワット・プノン


シンハ(SINGHA)
シンハとはサンスクリット語でライオンを意味し、クメール寺院においては入口に守護神としておかれてきました。
ライオンは、王権を象徴する動物として歴代の王に関わる寺院の入口やテラスなどに設置されています。
ワット・プノン


ストゥーパ(供養のために、仏舎利を安置した建造物)
存在感があります。
ワット・プノン


伝説によると、14世紀末にペンという裕福な夫人がいました。
ある日、夫人はメコン川岸に流れ着いた流木の中に仏像が隠されているのを見つけ、近くの丘に寺を建立してその仏像を祀りました。
その丘は信心深い夫人にちなんで「ペン夫人の丘」、つまり「プノン・ペン」と呼ばれるようになり、それがこの町の名前になりました。
またその寺が、このワット・プノンだと言われています。


Thank you!!
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

★マア★

Author:★マア★
マラソンをやっていましたが、出産・育児のため、まだまだお休み中です。
のんびり暮らしています。

カテゴリ
USJ (4)
花 (7)
寺 (4)
アクセスカウンター
ブログ村

にほんブログ村  ランキングに参加していますので、よろしかったらポチっと押してやってくださいね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。